忍者ブログ
思うように生きましょう。日々の出来事や海外一人旅、地元仙台や第二の故郷北海道について思うところを書いていきます。
[712]  [714]  [713]  [711]  [710]  [709]  [708]  [707]  [706]  [705]  [704
[PR]
 Category:
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヤンゴンの子供とシュエダゴォンパヤー(ヤンゴン)
 Category:ミャンマー一人旅(2007)
電話局、焼き鳥の後、なんとなく、初日にいた子供たちまだいるかなーって思い、スーレーパヤーへと足を運んだ。


IMG_4199.JPGIMG_4224.JPG









いたいた。。。
子供も大人も、なんか俺のことを発見してくれて、手を振ってきたり集まってきたり、笑顔で返してくれたり!
ちょっとした有名人!?(笑)
嬉しいわ!
また折り紙折ったり、写真を沢山とって、2時間くらい遊んだ。


IMG_4200.JPG









一人の女の子に鶴の折り方を教えたら、一人で折れる位のレベルになった。
これでみんなに教えてくれれば良いな。


IMG_4336.JPG









遊んでいる途中、おっちゃんが話しかけてきて、日本とミャンマーの歴史を教えてくれた。
おっちゃんの実家はバガンの対岸にあり、1942年に日本は沢山捕虜にしたんだ、と。
うー。もっと歴史を勉強したい。。。



IMG_4341.JPGIMG_4342.JPG









シュエダゴォンパヤーはスーレーパヤーの北にある。
ちょっと遠いが、歩けない距離ではない。
ということで歩いて行った。

ここは、ヤンゴンを見守るミャンマー最大の聖地であり、ミャンマー人仏教徒の憧れの聖地でもある。
高さ約100mの仏塔が天をつき、塔の頂上には76カラットのダイヤモンドがある。
(地球の歩き方参照)

IMG_4377.JPG入館に$5、心付けに500Kyatが必要だ。
入り口まで来ると、英語が流暢なミャンマー人が近づいてきた。
この建物で働いている人らしく、ガイドを$5でしてくれるということだ。
この歴史も知らないし、意味も知りたいので、$3にまけてもらってガイドをつけることにした。
このガイドさん、英語を私に対し分かりやすくくだいてくれて、親しみもてる。


彼から教わったことは、

・こっちの仏像はやたらとその周囲にライトがあったりそれが点滅したりして明るくなっているが、それはhero、栄えたことの象徴である
・仏陀が「リクライニング」していることは、Teach everyone & relaxを示している
・俺は土曜日に生まれたらしい、ガイドはすぐに判断できる
・仏陀は1人なのになんで何個もあるんだって聞いたら、あくまで「イメージ」が沢山あり、本物は中の1つだと教えてくれた
・パゴダとテンプルは異なり、前者は中に入れず外観を見るだけ、後者は中に入れる
・俺のラッキーナンバーは10

非常に分かりやすかった!
一緒に写真もとっちゃいました。


帰りに、地元の人が買いに来るような、小さな商店で水を買った。
200Kyatでめっちゃ安い。


IMG_4379.jpgまた、帰り道、暗くなってきたけど、行くときも帰りも、ある橋の近くを通った。
そこに、ずっとお祈りを道端でしているお母さんがいた。
誰かに話しかけようとは一切していない。
何を意味しているのかは分からない。

近くにその子供らしき男の子がいた。
その子供、こっちが話しかけても何もしゃべらない。
言葉を教わっていないのかもしれない。
その男の子に、余ったキャンディーを全部あげた。
そしたら、少しだけだけど、すごく純粋な笑顔を見せてくれた。
それでお母さんのところに駆け足で帰っていった。

あめをあげたのは、同情もあるけど、お腹をすかして、そのために活動したり飢え死にするよりは、あめをあげて、少しでも食いつないで、何かにつながってほしい、そんな願いがあったから。
始めは通り過ぎたけど、ふとこう思って、戻ってあげた。

この国の子供は(どこの国もそうかもしれないけど)いろいろなことに興味があり、知りたい、学びたい、遊びたい、話したいという純粋な欲求があると思う。
しかしpoorな子が多く、中には食べものを得たりするのも困難な子もいるだろう。
せっかくやりたいことが多くあるのに、poorなせいでそれができない。
可能性が失われている。
お金をあげるのが手っ取り早い気もするが、本当に子供のためになる??
親が取ったりしたり、または何かを乞えばお金がもらえるという考えが芽生えてしまう。
それよりは、ボールペンと紙をあげて絵を描かせたり、一緒に本を読んだりした方がよっぽどいい。
直に子供の助けになる。
飢えについては、何かうまい方法はないかな?
国は支援できるほど余裕ないのかな?
働くことを教える、働く環境を与えれたらいいのにな。


IMG_4382.jpgIMG_4385.jpg









インド料理のビリヤニ(写真左)が気になっていたが、ゲストハウスのレストランにあった!
1500Kyatと少し高かったけど、めっちゃうまい!
ミャンマービール1800Kyat、コーラ200Kyat、タイスープ(写真右)1700Kyat
今日の夜は沢山食べた。

Next→ボーヂョーマーケットと使い終わった服(ヤンゴン)
目次→ミャンマー
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
saku
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
旅、バスケット
フリーエリア
最新コメント
[04/12 さりんこ]
[11/09 megu]
[10/28 しのぶ]
[06/29 megu](返信済)
[06/05 hiro](返信済)
[06/05 hiro](返信済)
[04/28 kano](返信済)
[04/29 meg](返信済)
[04/20 meg](返信済)
[02/21 ★☆★](返信済)
バーコード
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]