忍者ブログ
思うように生きましょう。日々の出来事や海外一人旅、地元仙台や第二の故郷北海道について思うところを書いていきます。
[224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214
[PR]
 Category:
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

空港事情と飛行機事情(成田〜SFO)
 Category:アメリカ一人旅(2005)
8月30日〜出発〜

〜出発前,東京にて

28日は,Oの家,29日はDの家に泊めてもらい,成田空港へ向かいました.
電車に揺られながら,時おり満員電車にやられながら,旅への思いを描いていました.

電車の中にはどこにも「優先席」というものがありますが,
ここ「東京」では,この席に堂々と座るおばちゃんとか若い女性とかいました.
優先ってことだから,優先されるべき人が来たら譲ればいいのでしょうが,僕は座りません.
これは,以前話したこともありますが,お年よりとか子供のために,電車で始めから立っているのと,
始めは座っていて,そのような人が来たら譲るのはどっちがいいかの議論と同じ気がします.
今思うと,後者は確実にそのような人に席を譲れるって点もいいことだと思います.


〜成田空港〜

IMG_0650.JPG国際線ロビーに到着.手短にチェックインを済ませて,ごはんを食べて椅子に座って旅行記を書いていました.
国際線ロビーはどこかCOOLな感じがしました.
どこか暗くてっていうより,落ち着いている感じ.
国内線が白だったら,国内線はグレーのような.
グレーとブラック,このトーンが,これからアメリカ一人旅を実行するんだなって再確認させてくれました.

空港内に,僕と同じ様に一人で来ている若者をちらほら見つけました.
きっとこの人たちは僕より遥か先を進んでいるのでしょう.
先というのは,閉じられた世界から抜け出した,という意味です.
そんな人たちに比べて,自分がオドオドしているのが感じられました.
それは,「初」だからかもしれません.

今回の僕の一人旅の最大の目的は,すごくアバウトですが,「強くなる」ことです.
頼れる人もいない,
日本語もほとんど通じない,
自分から行動を起こさなければ何も得られない,
そんな状況でのたうち回る.
これが大きな経験になり,自信につながると思うのです.
その自信が,何か行動を起こす時に背中を押してくれる,そんな気がします.


〜いざ,アメリカへ!!〜

IMG_0652.JPG機内整備で飛行機離陸の時間,塔乗時間が遅れました.
ま,よくあることでしょう.周囲から英語がちらほら聞こえて来ます.
あと12時間後には「英語しか」聞こえないところにつくのです.

僕の席は「55D」.
DってWindow seat(窓側)?Aisle seat(通路側)?
え,55ってMATSUI??と,あらぬことを考えながらも自分の席を探すと,Aisle seatでした.
景色が見づらいのは残念ですが,トイレに行き易いことを考えるとこちらの方がよかったと思えます.

いよいよ日本を発つときが来ました.
もの凄いエンジン音と共に,急に加速する.いざ,アメリカ!!


〜国際線機内 客室乗務員観察〜

機内の客室乗務員,全員外国人だと思っていましたが,半分以上日本人でショックでした.
相手が日本人だと,英語話す気が少し失せてしまいます.
「どうせ最後は日本語で話せる」という考えが僕の中にあるのかもしれません.
捨てなきゃそんなくだらない考え.

客室乗務員を観察してみました.日本人は,もの凄く丁寧です.
一人一人の乗客の顔色をうかがい,ジュースや食事をゆっくり運び,こぼれないように配ります.
笑顔を大事にしている感じもしました.
「乗客に乗ってもらうわけだから,「お客様は神様」のような精神で接客する」ような感じです.

それとは対称的に,日本人以外の客室乗務員は,とにかく早いです.
軽やかに歩くようなスピードで仕事をこなしています.
ゴミを集める際も「garbage, garbage」と言いながら通路を素早く通りすぎて行きます.
それで僕はゴミを捨て損ねました.
また,ドリンクや食事を渡すときも素早く渡し,氷がこぼれてしまう場面も何回か見ました.
「いかに効率的に仕事をこなすか」のような感じ.
この違いはどこから来るものなのでしょうか?
研修方法の違い??
「相手中心」か「自分中心」かの違いのような気もします.


〜本一人旅最初に使った英語〜

客室乗務員(日本人)がドリンクを持って来ました.
今回初めて話した英語は「Which drink do you have?」,,,あきらかに間違ってますよね?
馬鹿だ俺....緊張しまくってました.
しかし優しい客室乗務員が「What kind of drink do you have?ですか?」と英語で聞き返してくれました.
よし,これで覚えた!!
きっと,日本人が間違えやすい英語ってあるのでしょうね,
それをくみとって正しい英語に直してくれる.
まさに日本って感じがします.
これでどう言えばいいか分かりましたが,
本場ならこんなん通用しなくて,ずっと怪訝な顔されるんだろうなぁ.

〜ドキドキワクワク機内食〜

IMG_0655.JPGさて,しばらくして待ちに待った初めての「機内食」.
放送(もちろん英語,メッチャ早い)でなんとか「beef」か「chicken」かが分かったので,
外国人の客室乗務員に「Chicken, please.」と言い,頂く.
写真を見て分かるとおり,和食も洋食も関係ないくらいいろんな食べ物が入っていました.
ごはん,鳥の竜田揚げっぽいもの,バターロール,サラダ,枝豆,果物,ケーキ,水.
味はそこまで悪くないです.
ただ,「箸」がどこにも見当たらず,「フォーク,ナイフ,スプーン」で食べることになりました.
僕が探せなかっただけかなー?
水があったかかった(きっと間違えて水もあっためてしまったのでしょうね)のを抜かせば,悪くない食事でした.
甘いもの好きだからケーキもありがたかったです.


〜機内での暇つぶし〜

機内では時間をもてあますとよく聞きますが,
僕は旅のできごとや思ったことを日記のようにどんどん書き込む「旅行記」をつけていました.
これ,だいぶ時間稼ぎできますよ!!
あっという間に2時間は過ぎます.
特に,今回は初めての経験だらけなので,それだけ感じることが多く,書く量が半端ないです.

また,機内では映画も見れます.当たりまえですが,字幕なんてありません.
全部英語です.
でもリスニングにもいいし,映像と自分が分かる単語や表現だけでもそれなりに楽しめます.


〜エコノミーと到着間近〜

IMG_0656.JPG僕の座ったシートはエコノミーで,狭いです.
エコノミー症候群にかからないようにするため,機内についてからすぐ靴を脱いでいましたが,
この窮屈感で充分に寝れませんでした.
ちょっと寝てちょっと起きての繰り返し.
毛布も薄いから,ちょっと寒い.
飛行機内はクーラーがんがんつけていて,薄着してきた僕にとっては正直寒すぎました.
羽織るものくらいはもってきてもよかったですね.
二度目の機内食で起こされ(オムレツ,チキンスティックのようなもの,フルーツ,オレンジジュース),
あつあつのうちにたいらげました.


〜SFO到着 入国審査〜

さ,約9時間のフライトも終え,やっとSFO(サンフランシスコ国際空港)に到着しました!!
ずらずらと出てくる乗客を見ていると,日本人が多いことに気が付きました.
観光地だから,ですかね.

immigration(入国審査)では長い行列が出来,30分以上待たされました.
乗り継ぎに時間がない方は,飛行機降りてから超ダッシュすることをお推めします.
ピストルをもったポリスが何人もいて,乗客を威嚇します.
これじゃ悪いこと起こそうって気しないです.

immigrationでは,パスポート,入国カード,税関申告書を係官に渡します.
セキュリティチェックのため,左右の人さし指の指紋と僕の顔が撮影されました.
さすがにこう指紋,顔まで撮られると,
「犯罪してもすぐ分かるぜオマエなんて」って言われているような気がして,
心理的に犯罪を起こせなくなるような気がします.


〜人形はどこへ?〜

ここを通過して間もなく,道端に小さな人形が落ちていました.
かわいいぬいぐるみみたいなものです.
これを拾い,近くに警察官がいましたが,何て言えばいいか分からず
(日本だったら,これあそこに落ちてたんですけど,どこに届ければいいでしょうか,ですね),

「I found it.」

と言ったら,

「I don't know.」

と突きかえされました.
ちょっと冷たさを感じましたが,彼らは不審者を見つけるのに集中しており,
犯罪防止を第一に考えているから,落し物なんてどうでもよいのかもしれません.
もし,人形に爆彈がつめられていたら,ほんとこの警察官の責任っすよね!
しょうがないから,「この警察官の近くにある」ベンチにおいておきました.

人形事件を終え,しばらく歩いていると,また審査みたいのがあり,警察官が一人いました.
おそらく荷物チェックのようなことをしているのでしょう.
通りすぎる際,何か質問されました.
しかし,もの凄いスピードで話して来るので,
何を言っているのかさっぱり検討がつかず,あっけに取られていると,
相手も察したのか諦めたのかあきれられたのか,

「もういいから行け」

のような合図を出されました.
こんなんでいいんでしょうか..
もし俺が極悪犯罪人だったら,あっけなく入国完了ですね.


IMG_0657.JPGそして,やっと出口に到着しました.




次回は,サンフランシスコ1日目について書こうと思います.

Next→サンフランシスコの町並み(サンフランシスコ)
目次→アメリカ





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
■初めての海外
ってマジびびるよね。初めて見るもの、聞くもの、食べるもの。初めてのものばかりで、どうすればいいのか、どっちへ行けばいいのかもわからない。でもそれを経験することで決断力が付くんだと思うよ(^^)機内食で箸を探すってのが俺はウケた(^^)確かに日本の感覚だったらそうだよね。俺も最初はそうだったなー初めての海外イミグレ、俺はLAXだったけど、同じように突き放されたよ(^^)そんなもんだよ。熱心に聞くのなんて日本くらいだからね。でも全く見てないように見えて彼らはしっかり見てるよ。基本的に日本人は素直で臆病で犯罪を起こさないことはみんな知ってるから、かなりチェックは甘い。他の国から来た人のチェックを見ると違いがわかるかもね(^^)いいねー、初々しさがマジいい(^^)つづき楽しみにしてます〜
Kohei 2005/09/13(Tue)00:11:32 編集
無題
■初だらけ
そうなんですよ!!ほとんどが初めてでドギマギします!旅を通して、何かやりたかったり楽しいことがしたかったら、攻めることが大事なんだって分かりました。迷ってても何も始まらないって。それが決断力につながるんでしょうね。やっぱ箸ないですよね!?あれ?って感じでした。まだ日本の感覚が捨てきれてない証拠ですね(笑)海外っていうか、アメリカと日本、だいぶ人の態度が違いますよね。職によって違うでしょうけど、効率的にするか、親切にするかで。初だったからびびりました。さっきサンフランシスコ一日目書き終わりました!!今日の夜か明日にでも二日目、GGBとフィッシャーマンズワーフを更新します。お楽しみに!
http
sakudai 2005/09/13(Tue)09:53:44 編集
プロフィール
HN:
saku
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
旅、バスケット
フリーエリア
最新コメント
[04/12 さりんこ]
[11/09 megu]
[10/28 しのぶ]
[06/29 megu](返信済)
[06/05 hiro](返信済)
[06/05 hiro](返信済)
[04/28 kano](返信済)
[04/29 meg](返信済)
[04/20 meg](返信済)
[02/21 ★☆★](返信済)
バーコード
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]